ハーレクイン・スーパー・ロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・スーパー・ロマンスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

回転木馬 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
裕福な家庭に育ち、将来は上院議員としても嘱望され、なにもかも順調な人生を送っている検事ピアス。残るはただひとつ、結婚のことだけだ。その日彼は、母親もすすめている、条件的には申し分のないガールフレンドのアパートを訪れた。だがそこで、彼は自分でも思いがけない恋におちてしまった。しがない椅子のカバーの仕立て屋をしているフランシーに。「ぼくの家のソファもカバーをつけようと思っていたんだ」アダムは思わばそう口にしていた。それからフランシーは、たびたび彼の家にやってくるようになった。学歴もなく生活の苦労を背負っている彼女に、アダムはますます惹かれていく。だが、フランシーは彼との間にいつも一線を引こうとする。「わたしたちは住む世界が違いすぎるわ。それに…」フランシーにどうしても人に言えない秘密があった。

銀嶺の追跡 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“わたしも救助隊と一緒に山に登ろう”TVレポーターのエイミーは双子の弟ロジャーが乗った飛行機がティートン山脈に不時着したのを知ったときからそう決心していた。いままで自分が決心したことを実行して間違ったことはなかった。国家の安全にかかわる重大な情報を握っているロジャー。救助隊のなかには弟の口を封じようとする者がかならずいるはずだ。下山の途中で事故を装って弟を殺すのはたやすいことだろう。しかし、救助隊の隊長となった一流の登山家デルは彼女の弟が遭難者だという理由だけでは同行を許さなかった。エイミーはデルを愛しはじめていたが、彼も弟の命を狙う一味かもしれない。だから本当の理由を打ち明けるわけにもいかないのだ。そこで彼女は一計を案じた…。

海鳥の歌 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
結婚に失敗し、歌手としての自信をなくして6年ぶりで故郷のフロリダに帰ってきたクレアは、砂浜でひとりの男と出会った。「わたし、砂のお城をつくる名人よ」「ぼくはディラン。浜辺と太陽の熱愛者です」ふたりは一緒に砂の城をつくって夢のようなすばらしい一日を過ごした。行きずりの男とのすてきな一日の思い出は、いつか失意のクレアの心を慰め、これから新しい人生がはじまりそうな予感となった。そしてある晩、二度と歌うことはないと思っていた歌を兄のバンドに頼まれてディナー・クルーザーの船上で歌った。クレアの前に、ふたたびディランが現れた。

紅薔薇と白雪姫 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
コミュニティスクールの犯罪学のクラス―それはハイジの目的にぴったりだった。ただ一つ予想外だったのは、担当するのが引退した刑事ではなく、長身でたくましい現職刑事ギデオンだったことだ。そのクラスはミステリー作家の卵たち向けのものだと知り、ハイジは親友の冤罪事件を小説の“あらすじ”として発表し、ギデオンの注意を引いて再捜査に協力してもらおうと企てた。そして彼女の作戦は成功した。彼がすぐに“あらすじ”のことで話があると言ってきたのだ。これで親友を救えるかもしれない、とハイジは胸を高鳴らせた。その胸にある別のときめきは、今は無視して…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウインターズ,レベッカ
アメリカの作家。十七歳のときフランス語を学ぶためスイスの寄宿学校に入り、さまざまな国籍の少女たちと出会った。これが世界を知るきっかけとなる。帰国後大学で、多数の外国語や歴史を学び、フランス語と歴史の教師になった。ユタ州ソルトレイクシティに住み、四人の子供を育てながら執筆活動を開始。これまでに数々の賞を受けたベテラン作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

虚飾の街のナイト―バロン家の恋物語 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ニューヨークの腕きき弁護士グレイ・バロンは、真夜中、けたたましい電話のベルに起こされた。聞こえてきたのは伯父ジョナス・バロンの威圧的な声だった。頼みごとがあるから“エスパーダ”に来いという。仕方なく故郷テキサスの地を踏んだグレイに、ジョナスは神妙な顔で打ち明けた。「亡き旧友の孫娘を、おまえに捜しだしてもらいたい」罪滅ぼしのためだというジョナスの言葉に好奇心を抑えきれず、グレイは私立探偵に調査を依頼する。その結果、彼女は夫の虐待から逃れ、ラスベガスに隠れ住んでいることが判明した。勇んで虚飾の街に乗りこんだ日、グレイは赤毛の美女と出会う。それが彼の悪夢にも似た恋の始まりだった。

Book Description
The stakes are too high! Attorney Gray Baron has come to Las Vegas on a mission to find a woman -- Dawn Lincoln Kittredge -- the long-lost grandchild of his uncle Jonas Baron. But single mom Dawn is not about to make it easy for him. On the run from an abusive ex-husband, she is understandably wary of strangers. Even gorgeous, sexy ones like Gray. But mutual suspicion doesn't stop an undeniable passion from igniting between them. If only they could risk telling each other the truth! Gray, that he came to Vegas just to investigate Dawn. And Dawn, that she and her child are in danger -- and desperately need his help.
--このテキストは、 マスマーケット 版に関連付けられています。

緑の館 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
会計士のモニカは7年ぶりに故郷のギレスピーに戻ってきた。亡くなった大伯母の遺産を相続するためだ。それは百年前の家並みを復元しようとしているサットン街に立つ、いわくつきの“家”だった。まだ修復中で、相続人には完成させる義務があるという。彼女はその家を見てがっかりしてしまった。まるでデコレーションケーキのようにけばけばしく、悪趣味な緑色の壁ひとつ塗り替えるのにも許可がいるらしい。そのうえ売りに出すこともできないというのだ。モニカは、サットン街史跡協会の会長である若い弁護士に会うことにした。「まあ、ドルー。あなただったの」彼は家が隣同士だった幼なじみで昔から憧れていた男性だ。思いがけない再会にモニカの胸は高鳴った。

窓辺のともしび (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
山をのみこんで燃えさかる炎。消防隊員や民間のボランティアなどからなる消防隊の地区隊長のひとりとして、フォレスト・サービスのカーリーは山火事の現場に身を投じた。彼女の受け持った三つの班のひとつは、受刑者からなる班だった。その中にひとり、年に似合わぬまっ白な髪をし、笑うと犯罪者らしからぬ少年っぽいえくぼのできる男がいた。もと医師、ゲーリー・リード―彼は義父殺害で有罪となった重罪犯だ。でも、カーリーには彼が犯罪者だとはとても信じられなかった。三日間に渡る苛酷な消火作業と命がけの危険を共にしたカーリーとゲーリーは、友情を超えたきずなで結ばれる。だが―。それは鉄格子を隔てた男と女の、互いの愛と信頼を勝ち取ろうとする苦闘のばじまりだった。

内容(「MARC」データベースより)
消防隊員や民間ボランティアから成る消防隊の地区隊長の一人として、カーリーは山火事の現場に身を投じた。彼女の受け持ちの班の一つ、受刑者から成る班に魅力的な元医師ゲーリーがいた。3日に渡る消火作業と命がけの危険を共にした2人は、いつしか…。

信じていたい (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
新任の部長に抜擢されたバレリーは朝から気持が落ち着かなかった。経営合理化のためすご腕の経営コンサルタント、グレンが来るのだ。部長といえども、彼は情け容赦なく首を切るという噂だ。この新設された事業部の長に就いたのは能力を買われたからよ、そう自分に言い聞かせながら彼女はグレンの待つ会議室に入った。“まさか、こんなことってあるかしら!”咋日、空港のなかで偶然ぶつかってしまった男ではないか。このハンサムで魅力的な黒髪と黒い瞳はまぎれもなくあの人だ。「あなたが優秀だと評判のバレリー・スタッフォードさんですね?」思いがけない再会に胸をときめかしながらも彼女は顔を曇らした。三年前夫が自殺して以来、バレリーは仕事だけに打ち込んできた。そしていま、女性部長として意欲に燃えていたところなのだ。

この愛しき者を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
一瞬の誤認による悲劇。それは有能な警察官ジェイクにとって思いもかけぬ不運だった。罪の意識に押しつぶされ、周囲の勧めで警察を休職した彼は、ボランティアとして、とある病院の未熟児集中治療室で働き始める。毎日その集中治療室に通ってくる、未熟児ピーターの母親、ロビン。“しわくちゃでピンク色の、わたしの愛しい赤ちゃん。どうかがんばって。ママにはもうあなたしかいないの!”そして、そのロビンを見つめるジェイク―。近づくのは間違っているのかもしれない。苦しむのは目に見えている。しかし、この無力な幼子を、頼るすべなき母親を、この愛しいふたりを守ってやりたい、この俺の手で。だが、いつかは告げなくてはならないだろう。彼女の夫を殺したのは自分だということを―。

内容(「MARC」データベースより)
一瞬の誤認による悲劇。警察官ジェイクは罪の意識に押しつぶされ休職し、とある病院の未熟児集中治療室で働き始める。毎日そこに通ってくる未熟児ピーターの母親ロビン、この愛しい幼子と母親を守ってやりたい…。だが彼女の夫を殺したのは自分なのだ…。

紅薔薇と白雪姫 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
コミュニティスクールの犯罪学のクラス―それはハイジの目的にぴったりだった。ただ一つ予想外だったのは、担当するのが引退した刑事ではなく、長身でたくましい現職刑事ギデオンだったことだ。そのクラスはミステリー作家の卵たち向けのものだと知り、ハイジは親友の冤罪事件を小説の“あらすじ”として発表し、ギデオンの注意を引いて再捜査に協力してもらおうと企てた。そして彼女の作戦は成功した。彼がすぐに“あらすじ”のことで話があると言ってきたのだ。これで親友を救えるかもしれない、とハイジは胸を高鳴らせた。その胸にある別のときめきは、今は無視して…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウインターズ,レベッカ
アメリカの作家。十七歳のときフランス語を学ぶためスイスの寄宿学校に入り、さまざまな国籍の少女たちと出会った。これが世界を知るきっかけとなる。帰国後大学で、多数の外国語や歴史を学び、フランス語と歴史の教師になった。ユタ州ソルトレイクシティに住み、四人の子供を育てながら執筆活動を開始。これまでに数々の賞を受けたベテラン作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [美容外科] [ハロー!江東区!] [台東クラブ] [GOGO!江戸川区!] [墨田区紀行] [電子たばこ] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [アキバ中毒のページ] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [東京ぶらぶら] [鶯谷・うぐいすだに] [台東紀行]

ooo豆千葉ドットコムooo 千葉自然公園探検ナチュラル派ooo アメ横一番!ooo もっと知りたい!練馬区ooo 原宿をもっと知ってほしくて…ooo 千葉鰻ooo ハロー!江東区!ooo 住宅ローンのことooo 山手線エリア~異国の料理を味わう!~ooo 千葉のちょっといい景色ooo GO!GO!九十九里!海水浴は九十九里で決まり!ooo めぐろGuide~オシャレなまち目黒~ooo リアクション芸人ooo 新型インフルエンザマスクooo ~品川の街~ooo ビバ!プリプレスooo よい街、品川ooo 新聞を読もう!ooo ライズスモーカーooo 夏はプールだ千葉特集ooo